IBDとともに働き続けるコツ〜就職活動編〜

潰瘍性大腸炎・クローン病患者さん・ご家族向け就労イベント

第一回IBDとともに働き続けるコツ〜就職活動編〜

背景 

IBD患者さんは日常的に腹痛・下痢などの消化器症状を抱えていることに加え、症状が悪化すると入院が必要となることもあり、仕事と病気の両立に悩む患者が多いと言われています。

このような人々の役に立つような情報提供の場、並びに交流の場を設けるため、株式会社グッテ(旧ジーケア)と田辺三菱製薬株式会社は2021年、3回にわたって『IBDと共に働き続けるコツ』を開催いたしました。

このイベントについて患者さんからは、「自分も頼りにしているし、同じ病気の方の力になりたい。」「同じ病気の方々が活躍されているのを拝見し、勇気をもらった。」などの好評のお声をいただくことができました。

そこで今年も、同じく株式会社グッテと田辺三菱製薬株式会社の共催のもと、『IBDとともに働き続けるコツ』イベントを開催いたします。

第一回は『就職活動編』。

再就職を考えている方、これから就職活動を行う学生さんや会社で働き始めたばかりのフレッシュマンさんにぴったりの内容となっております。

ぜひ奮ってご参加ください。

イベント概要

名称:IBDとともに働き続けるコツ〜就職活動編〜
日時:2022年7月23日(土)14時〜16時
対象:IBD患者、IBD患者のご家族・パートナー
開催形式:オンライン(Zoom)

内容

 多くのIBD患者さんは、様々な不安や悩みを抱えながら、新卒での就職活動及び就職後の就労を経験されると思います。このイベントでは、IBD患者さん3名に登壇いただくパネルディスカッションに加え、同じ悩みを持つ患者さん同士で交流し合う機会も作りました。

パネルディスカッションでは、潰瘍性大腸炎発症後に就職された方、3名をお迎えいたします。一人目は新入社員メンターを経験されている方、二人目は転職経験もある方、3人目は新卒で就職された方です。

同じ病気を抱えながら、それぞれ異なったキャリアを歩まれている3人のお話は、今現在就職について、様々な立場にいる患者さんにお役に立てる内容となっています。ファシリテーターには、前年度の企画でもご尽力いただき、また患者さんからの信頼も厚い、中金竜次さんにお願いいたしました。

IBDを抱えながらキャリアを検討している方、フレッシュマンの方、また広く就労に関する悩みや不安を抱える方もお気軽にお申し込みください。

当日の流れ

14時〜15時

3名のIBD患者さんによるパネルディスカッション(セミナー試聴形式)

・30代男性:潰瘍性大腸炎発症後に就職活動。新入社員メンター経験あり。

・30代男性:潰瘍性大腸炎発症後に、技術系公務員として就職。転職経験あり。

・20代男性:潰瘍性大腸炎。昨年就職活動を経て、通信業界に新卒で就職。

ファシリテーター:就労支援ネットワーク ONE代表 中金竜次氏

15時10分〜16時

全参加者がグループに分かれての交流会(希望者のみ・50名まで)

*交流会は顔出し必須ではありません。カメラOFF・ニックネームでの参加が可能です。

申し込み方法

下記より事前にお申し込みください。参加費は無料です。

タイトルとURLをコピーしました