ナビゲーションを開く

*個々の患者さんや状況に応じて最適な食事は異なることがあります。 レシピの内容やアレンジはあくまで一例です。 自分の体調に合わせて調整するとともに必要に応じて主治医の先生に相談しましょう。

鶏むねしゃぶの香味みぞれ和え

栄養価(1人分)

エネルギー たんぱく質 脂質 炭水化物 食物繊維 食塩
189kcal 33.1g 2.7g 9.5g 1.8g 2.5g

どのような状況で作りましたか?

寛解期

このレシピに対する思いや工夫

さっぱり冷たい鶏むね肉料理、暑い日に食べたくなるメニューです。茹で調理なので一切油は使いません。元々参考にしたレシピではごま油が使われていたのですが、代わりにナンプラーを使うことで風味付けをしました。

管理栄養士コメント

dietitian image

そぎ切りにすることで鶏肉の断面が大きくなり見た目にボリュームがあって、彩りもきれいですね。しかも低脂質なのがうれしい!

材料(2人分)

鶏むね肉・・・1枚(そぎ切り)
水溶き片栗粉・・・(水小さじ1+片栗粉小さじ1)
塩・・・ひとつまみ
大根・・・5㎝程度(すりおろし)
【A】はちみつ梅・・・2個(種を取りたたく)
【A】みょうが・・・2本(千切り)
【A】大葉・・・5,6枚(千切り)
【A】しょうゆ・・・大さじ1
ナンプラー・・・少々(お好みで)

※みょうが・大葉はたっぷり使うと美味しいです!

作り方

1

鶏肉をそぎ切りにしボールに入れ、水溶き片栗粉、塩を加えてもみ込む。

2

1を熱湯で茹で、氷水に取って冷まし、水気を切る。
※鶏肉はそぎ切りにしてから茹でた方が短時間で火が通るので楽だと思います。 
また、茹でる前に水溶き片栗粉(水小さじ+片栗粉小さじ1)と塩ひとつまみをもみ込んでおくと、食感がトゥルンと柔らかくなって美味しいです。
茹でてから氷水にとって冷まし、水気を切ってから和えます。

3

大根をすりおろし、ザルに通して水気を切る。

4

【A】とナンプラーをあえる。

※はちみつ梅は種を取ってたたく
※大根おろしはザルにあげるなどしてできるだけ水気を切ってから和えると仕上がりがベチャベチャしなくて良いと思います。

アレンジ

ibd活動期

IBD調子が悪い時

おいしさ半減になりそうですが、大葉とみょうがは控えましょう。梅は包丁でよーくたたいてから使用し少量でお願いします。面倒な時は少量の練り梅でもOK。

狭窄

狭窄

調子が悪い時と同様に調理してみてください。

"鶏肉"のレシピ
"#お肉を柔らかく"のレシピ
PAGE TOP