ナビゲーションを開く

*個々の患者さんや状況に応じて最適な食事は異なることがあります。 レシピの内容やアレンジはあくまで一例です。 自分の体調に合わせて調整するとともに必要に応じて主治医の先生に相談しましょう。

中華風雑炊
クローン病
clock
15分
ありがとう

栄養価(1人分)

エネルギー たんぱく質 脂質 炭水化物 食物繊維 食塩
396kcal 16.8g 6.6g 66.3g 4.7g 3.4g

どのような状況で作りましたか?

体調の良し悪しに関わらず、よく作るレシピです。 忙しくて時間がない時。 中華が食べたいとき。

このレシピに対する思いや工夫

中華料理は脂質が高いものが多く食べられないため、中華欲を満たしたいときにぴったりです。具材は主に冷蔵庫にあるものを入れていて、小松菜をよく使います。鶏ハムか鶏チャーシューのストックがあれば入れるようにしています。カニカマを入れたらより中華らしくなりそうです。

管理栄養士コメント

dietitian image

ちくわ、豆乳、豆腐でタンパク質が摂取でき、野菜も入っているので、これだけでバランスの取れた食事になります(*^^)v
お腹にもやさしいですね☺

材料(1人分)

炊いたご飯・・・1膳分
人参・・・20g
玉ねぎ・・・1/4個
小ねぎ・・・5g
ちくわ・・・1~2本
豆腐・・・100g
【A】水・・・150㏄
【A】鶏がらスープの素・・・小さじ2
豆乳・・・100cc
塩・・・適量

作り方

1

人参を半月切り、玉ねぎをみじん切り、小ねぎを小口切り、ちくわを細かく切る。

2

鍋に1と【A】を入れて煮込む

3

具材に火が通りごはんが柔らかくなったら豆乳を入れ、豆腐を崩し入れる。

4

ひと煮立ちしたら塩で味を調え、器に盛り小ねぎを乗せたら完成

症状に合わせたアレンジ

ibd活動期

IBD調子が悪い時

小ねぎは控えましょう。

狭窄

狭窄

小ねぎは控え具材が柔らかくなるまでよく煮て、少量ずつゆっくり食べましょう。

"ごはん"のレシピ
"#低脂質"のレシピ
PAGE TOP