ナビゲーションを開く

*個々の患者さんや状況に応じて最適な食事は異なることがあります。 レシピの内容やアレンジはあくまで一例です。 自分の体調に合わせて調整するとともに必要に応じて主治医の先生に相談しましょう。

きゅうりと長芋の和え物

栄養価(1人分)

エネルギー たんぱく質 脂質 炭水化物 食物繊維 食塩
25 kcal 0.8g 0.0g 5.0g 0.6g 0.9g

どのような状況で作りましたか?

夏の暑い日が続いて食欲があまりない時に作りました。

このレシピに対する思いや工夫

夏の暑い日にサッと火を使わずご飯の進むおかずを・・・と思って作りました。旬の夏野菜を使っていて、さらさらと食べられるので食欲のないときにピッタリです。生姜を入れると消化を助けてくれるのでオススメです。

グッテ管理栄養士コメント

dietitian image

さっぱりとしていて、食欲のない時に大活躍するレシピですね。私も食欲がない時に作りました♪
長芋は袋に入れて上からたたくと、ぬめりが苦手な方にも抵抗なく作ることが出来ると思います。冷凍の長芋を使うとより時短になります。

材料(4人分)

みょうが… 30g
長芋…80g
きゅうり…80g
3倍濃縮のめんつゆ…大さじ2
すりおろし生姜…お好みで。普段は生姜なしで食べています。

作り方

1

みょうがは洗って粗みじん切りにして水にさらして灰汁抜きをする。長芋ときゅうりも洗って粗みじん切りにする。

2

ボウルに1の野菜とめんつゆを加えて混ぜ合わせる。お好みですりおろし生姜を入れてもよい。

※ご飯にかけたり、豆腐にかけたり、納豆と混ぜて食べることもあります。
※お腹がスッキリせず、消化が滞っているなと感じるときはすりおろし生姜を少し混ぜています。

アレンジ

低FODMAP(フォドマップ)食

一工夫で低FODMAP

みょうがはモナッシュ大学でテストがされていないため、低FODMAP食かは不明です。みょうがの代わりにしその葉を入れてもおいしく仕上がります。

"野菜"のレシピ
"時短(10分以内)"のレシピ
PAGE TOP