ナビゲーションを開く

*個々の患者さんや状況に応じて最適な食事は異なることがあります。 レシピの内容やアレンジはあくまで一例です。 自分の体調に合わせて調整するとともに必要に応じて主治医の先生に相談しましょう。

バナナとキウイの米粉ココアタルト

栄養価(1/6切れ)

エネルギー たんぱく質 脂質 炭水化物 食物繊維 食塩
175kcal 4.0g 5.6g 26.0g 1.6g 0.1g

どのような状況で作りましたか?

スイーツが食べたくなって作りました。
市販のケーキが心配な時、家にある材料でなにか出来ないかな、、と思い

このレシピに対する思いや工夫

米粉で作ってるのでタルト生地のサクサク感はありません、生地も普通より薄めです。
油分は極力控えたかったのですが、あまり少なくても固くなって美味しくないので、このくらいの分量で調整してます。

グッテ管理栄養士コメント

dietitian image

見た目にも華やかでとても素敵なタルトです☆小麦粉ではなく米粉でグルテンフリーを、牛乳ではなく豆乳で乳糖フリーを実現しています。
上に乗せるフルーツは季節に合わせてお好きなものでアレンジ可能です(*^^)v

材料(18cmタルト型1台分)

<豆乳カスタード>
【A】卵…1個
【A】米粉…10g
【A】きび砂糖…20〜30g
【A】豆乳…200g
バニラエッセンス…10滴、好きなだけどうぞ

<ココアタルト生地>
【B】ココアパウダー…20g
【B】アーモンドプードル…10g
【B】米粉…60g
【B】きび砂糖…20g
【B】ベーキングパウダー…小さじ1/4

豆乳…45g
米油…15g

<トッピング>
キウイフルーツ…1個
バナナ…1~2本

※お砂糖は好きな種類のものでOKです。甘さ控えめなのでお好みで増やしても大丈夫です。

作り方

1

<豆乳カスタード>耐熱性のボウルまたは容器に【A】を入れて泡だて器でよく混ぜる

2

ふんわりとラップをして電子レンジ600Wで2分加熱する

3

取り出してよく混ぜる。クリーム状になっていなければ、1分ずつ追加加熱してその都度よく混ぜ合わせてクリーム状にしてください。

4

粗熱が取れたらバニラエッセンスを加えて混ぜる。(バニラエッセンスは香りが飛ぶので、加熱した後の方が良いです)

5

冷蔵庫で30分ほど冷やす

6

<ココアタルト生地>オーブンを180℃に予熱する

7

ボウルに【B】を入れ、泡だて器で全体が均一になるように混ぜる

8

7に豆乳、米油を加えて泡だて器でさらによく混ぜ合わせる

9

手でまとまるようになったら、生地を丸めてタルト型に指で押しつぶすように敷き詰める
(型の立ち上がりまでこなくても大丈夫です)*写真参照

10

生地全体の底にまんべんなくフォークで穴を開ける

11

180℃のオーブンで15分焼き(ご家庭のオーブンによって焼き時間を調整してください)、粗熱が取れたら、型から外す

12

<仕上げ>ココアタルト生地に豆乳カスタードを載せて平らに整えたら、うすく切ったバナナとキウイフルーツをきれいに並べて完成。お好みで粉砂糖を振りかけると、より美味しいです。

annotation image

オーブンで焼く前の状態です。

アレンジ

ibd活動期

IBD調子が悪い時

ココアが含まれているため、このレシピは控えましょう。

狭窄

狭窄

キウイフルーツは省き、バナナのみにしましょう。よく嚙んでゆっくり食べるよう心がけてください

"デザート"のレシピ
"オーブン/トースター"のレシピ
PAGE TOP