ナビゲーションを開く

*個々の患者さんや状況に応じて最適な食事は異なることがあります。 レシピの内容やアレンジはあくまで一例です。 自分の体調に合わせて調整するとともに必要に応じて主治医の先生に相談しましょう。

キーマカレーとマッシュポテトのオーブン焼き

栄養価(1人前)

エネルギー たんぱく質 脂質 炭水化物 食物繊維 食塩
448kcal 20.3g 25.6g 24.4g 17.5g 1.2g

どのような状況で作りましたか?

中途半端に残ってしまったキーマカレーを使い切りたかったので。

このレシピに対する思いや工夫

キーマカレーは冷凍しておくと便利なので、時間のある時にまとめて作ります。にんにくは使っていませんがスパイスのおかげでとてもおいしく、IBSではない家族も満足できるようです。

グッテ管理栄養士コメント

dietitian image

こちらのレシピは低FODMAPの範囲で美味しく、家族のみなさまで楽しめるように量の調整やガーリックオイルや低FODMAPオニオンパウダーを使うなど沢山の工夫がされているレシピです。

材料(4~5人分)

合い挽き肉…500g
人参…1本
ズッキーニ…1本
おろししょうが…大さじ1
ガーリック風味オイル…大さじ2
クミンシード…小さじ2
【A】シナモンパウダー…小さじ1
【A】オールスパイス…小さじ1
【A】カレー粉…大さじ2
【A】ガラムマサラ…小さじ2
【A】ターメリックパウダー…小さじ2
塩コショウ…少々
トマトジュース…1カップ
トマトケチャップ…大さじ1
醤油…大さじ1
中濃ソース…大さじ1
じゃがいも…6個
チーズ…適量
低FODMAPオニオンパウダー…大さじ1(あれば)

作り方

1

ズッキーニは粗みじん切り、人参はみじん切りにする。

2

フライパンにガーリック風味オイルとクミンシードを入れ弱火で焦げないように香りが出るまで炒め、人参を加え炒める。

3

人参にある程度火が入ったら、おろししょうが、Aのスパイスを加えて炒め、香りが出たらズッキーニとひき肉を入れて軽く塩コショウをして炒める。

4

肉に火が通ったらトマトジュースと低FODMAPオニオンパウダーを加えて10分ほど煮る。

5

ケチャップ、醤油、中濃ソースで味をととのえる。

6

じゃがいもを蒸して、潰してマッシュポテトにする。

7

耐熱皿にマッシュポテトを入れ、その上に出来上がったキーマカレーとチーズをかける。

8

250℃に予熱を入れたオーブンでチーズがとけるまで5~10分程焼いて出来上がり。

アレンジ

低FODMAP(フォドマップ)食

低FODMAP

ズッキーニ65g、トマトジュースはコップ半分程度、ケチャップ大さじ2/3量が低FODMAP範囲です。よって、これらの食品レシピ量1人前は低FODMAPの範囲です。 中濃ソースのFODMAPは不明ですが、ウスターソースが大さじ5を超えない程度は低FODMAPの範囲です。

その他

辛い食べ物を食べた後にお腹の症状を引き起こす可能性があります。カレーなど辛い食べ物で症状が出る方は控えます。

"豚肉"のレシピ
"IBS的ちょっとしたコツ"のレシピ
PAGE TOP