ナビゲーションを開く

*個々の患者さんや状況に応じて最適な食事は異なることがあります。 レシピの内容やアレンジはあくまで一例です。 自分の体調に合わせて調整するとともに必要に応じて主治医の先生に相談しましょう。

油揚げのピザ風

栄養価(1人当たり)

エネルギー たんぱく質 脂質 炭水化物 食物繊維 食塩
192kcal 12.5g 13.2g 5.2g 1.3g 0.6g

トップバリュ 脂肪分30%カットとろけるミックスチーズ:10g当たり エネルギー28kcal たんぱく質3.1g 脂質1.6g 炭水化物0.2~0.30g 糖質0.0~0.2g 食物繊維0.1~0.3g 食塩相当量0.2g カルシウム100mg

どのような状況で作りましたか?

主人の好きなこの油揚げを、いつもと違う食べ方でと思って。

このレシピに対する思いや工夫

地元食材のこの油揚げ。普段は納豆やネギ、鰹節などを使って和風に食べることが多いですが洋風に変えて。基本焼くだけなので忙しい時にはもってこい。

グッテ管理栄養士コメント

dietitian image

油揚げってピザの生地代わりになるんですね(*'▽')
板尾の油揚げは厚みがあって食べごたえも十分ありそうです。具材は自由にアレンジ可能です。
脂質量が多いため、体調に合わせて量を調整するなどしてください。(栄養計算は油揚げの油抜き処理をしたもので計算しています)

材料(2人分)

板尾の油揚げ(通常の油揚げでもOK)…1/2枚
ピーマン…1個
ベーコン…1/2枚
玉ねぎ…1/4個
とろけるミックスチーズ…20gほど
【A】ケチャップ…大さじ1
【A】ニンニクチューブ…1cmほど
【A】バジル…少量

*具材はお好きなもので良いと思います。ウインナーやハム、ゆで卵なども〇。
*栃尾の油揚げでなくても普通の油揚げでもクリスピーピザみたいに薄くておいしいです。

作り方

1

ピーマンは縦半分に切って種を取り除き、細切りにする。

2

玉ねぎは薄くスライス、ベーコンは1cm幅に切る。

3

油揚げをキッチンペーパーで挟んで上からぎゅっと押して油をきる。

4

3を横に半分に切って厚さを半分にする。

5

切った面に混ぜ合わせた【A】をスプーンなどで塗る。

6

5に1,2の具材を乗せ、さらにとろけるミックスチーズを乗せてトースターでチーズが溶けるまで焼いたら完成。

アレンジ

ibd活動期

IBD調子が悪い時

脂質量が多いため、このレシピは控えましょう。

狭窄

狭窄

具材は細かく刻んで、野菜の量は少なめにしましょう。よく嚙んでゆっくり食べるよう心がけてください。

低FODMAP(フォドマップ)食

一工夫で低FODMAP

ニンニクと玉ねぎを控えると低FODMAP食レシピです。ケチャップは13gまでは低FODMAP食の量です。 ベーコンは高FODMAP食の材料が入っていないか原材料を確認します。

"大豆製品"のレシピ
"ずぼら飯"のレシピ
PAGE TOP