ナビゲーションを開く

*個々の患者さんや状況に応じて最適な食事は異なることがあります。 レシピの内容やアレンジはあくまで一例です。 自分の体調に合わせて調整するとともに必要に応じて主治医の先生に相談しましょう。

鶏団子と野菜のカレー風煮込み

栄養価(1人前)

エネルギー たんぱく質 脂質 炭水化物 食物繊維 食塩
337kcal 26.8g 5.7g 35.1g 17.6g 1.9g

どのような状況で作りましたか?

調子の良い時、ちょっと時間がある時

このレシピに対する思いや工夫

元のレシピを低脂質、低残渣にアレンジ 食べたい野菜を何でも入れることができる

グッテ管理栄養士コメント

dietitian image

野菜をたくさん食べたいときにぴったりのレシピです☆
体調が悪いときには、カレー粉を省いて作ってみても良さそうですね(^^)

材料(2人分)

鶏胸ひき肉 …200g
玉ねぎ…1/2個
卵 …1個
塩胡椒…適量
じゃがいも…2個
人参…1/2本
ブロッコリー…1/3個
キャベツ…1/6個
水…300ml
【A】ケチャップ…大さじ2
【A】砂糖、カレー粉、ウスターソース…各小さじ2
【A】コンソメ顆粒…小さじ1
オリーブオイル…少量

作り方

1

玉ねぎ以外の野菜はそれぞれ食べやすい大きさに切る。

2

玉ねぎはみじん切りにしボウルに入れ、鶏胸ひき肉と卵、塩胡椒を加えてこねる。こねたら10等分ほどに分け、丸く成形する。

3

フライパンにオリーブオイルをひき、中火で熱し、2の鶏団子を転がしながら焼いて全面を焼き固める。(中まで火が通ってなくても大丈夫)

4

鍋に水、【A】を入れ少し混ぜたあと、人参、じゃがいも、キャベツを加え、強火にかけ煮立たせる。煮立ったら蓋をして弱めの中火で20分ほど煮る。その後ブロッコリー、3の鶏団子も加えて蓋をせずに5分程度弱火で煮る(野菜の硬さをみて調節)。

アレンジ

ibd活動期

IBD調子が悪い時

カレー粉、オリーブオイルは省きましょう。

狭窄

狭窄

特別なアレンジは不要です。野菜を柔らかくなるまでよく煮込み、よく嚙んでゆっくり食べるよう心がけてください。

低FODMAP(フォドマップ)食

一工夫で低FODMAP

ケチャップ、ウスターソースはレシピ量1人前は低FODMAP食の範囲です。 玉ねぎ、コンソメ顆粒を使わなければ低FODMAP食レシピです。塩、こしょうで味を調整してください。

"鶏肉"のレシピ
"減塩"のレシピ
PAGE TOP