ナビゲーションを開く

*個々の患者さんや状況に応じて最適な食事は異なることがあります。 レシピの内容やアレンジはあくまで一例です。 自分の体調に合わせて調整するとともに必要に応じて主治医の先生に相談しましょう。

カレー米粉うどん 

栄養価(1人前)

エネルギー たんぱく質 脂質 炭水化物 食物繊維 食塩
531kcal 17.7g 9.7g 88.7g 4.1g 4.3g

どのような状況で作りましたか?

週末の昼食など、簡単に1品で食事を済ませたい時に作ります。

このレシピに対する思いや工夫

体もよく温まるレシピです。低FODMAP食中は食事の制限がストレスや不自由な気分にならないようにと見た目も味も制限をしているとは思えないレシピをと考えながら作っています。米粉の麺はメーカーで味が全然違うので、お好みのメーカーで作って下さいね。

グッテ管理栄養士コメント

dietitian image

ねぎは高FODMAP食の野菜で有名ですが、葉の部分は低FODMAP食の食品です。ネギの風味が欲しい場合はこのカレーうどんのように葉の部分を使うと良いですね。

材料(2人分)

米粉うどん(純米めん)…2人前 
豚もも肉 (薄切り)…130g
大根…2㎝大
ニンジン…1/3本
青ねぎ …15g
カレー粉…大さじ1.5 
油…適量
かつおの出し汁…3カップ
【調味料】
砂糖…大さじ2
酒…大さじ1
しょうゆ…大さじ2
塩…小さじ1/3
水溶き片栗粉(片栗粉+水…大さじ1ずつ)
※豚肉は鶏肉のそぎ切りでも美味しく作れます。

作り方

1

豚肉は食べやすい大きさに切る。大根、ニンジンは5mm幅のいちょう切り、青ねぎは3~4cm長さの斜め切りにする。

2

鍋に油を中火で熱し、1の大根、ニンジンを油が回るまで炒め、豚肉を加えて炒め合わせる。カレー粉を振りかけて焦げないようによく炒め、出し汁を加える。

3

煮立ったらアクを取り、【調味料】を加え、蓋をして弱めの中火で7~8分間煮る。

4

米粉うどんを表示通りに茹で始める。

5

ニンジン、大根が煮えたら、味をみてから、【水溶き片栗粉】を加え、だまにならないようにかき混ぜる。

6

仕上げの1の青ねぎを入れてひと煮立ちさせ、火を止める。

7

4の米粉うどんを器に盛り、6のカレー出汁をかけて出来上がり。

アレンジ

低FODMAP(フォドマップ)食

低FODMAP

かつおだし汁の代わりに顆粒だしを使う場合は、昆布やしいたけなど高FODMAP食のものが入っているものは避けます。顆粒だしには塩味が入っているので、醤油や塩を控えるようにしましょう。

その他

香辛料は腹痛や便通の変化が生じやすくなることがあります。香辛料で症状が出る方は控えます。

"麺"のレシピ
"子ども向け"のレシピ
PAGE TOP